【年別】 F1 フェラーリ 年間順位 推移 

F1老舗チームの最長老でF1の顔である
フェラーリの年間順位の推移をグラフ化しました



更新 12/12

2012年シーズン
ウイリアムズ 8位
フェラーリ 2位
マクラーレン3位


2000年代初頭に
M.シューマッハ ロス・ブラウン ジャン・トッドの体勢で黄金期を築いた
フェラーリですがそれ以前の成績はどんな感じだったのでしょうか?
一緒に見てみましょう!!



Highcharts Example

1980年に10位になっていますが、
それ以外は6位以上と1980年代以降マクラーレン同様安定した成績を残してます
さすが「天下のフェラーリ」というべきでしょうか、財力に裏付けられた安定感が半端ないです…

ただ、1975年にタイトルを獲得しその後3連覇するまでは
なかなかタイトルが取れずに苦戦していたことが解ります。

その後は1980年以外は全て4位以上で、「コケた」年が少ないが特徴ですね
やはり優秀なエンジニアがたくさんいるので、前半ダメでも後半必ず巻き返してきます。

そして何と言っても1999年から2004年までの6連覇!!
「F1をつまらなくした」ことで最初に挙げた3人は罪に問われてもおかしくないです(笑)
ちなみに1999年はシューマッハが加入する前の年で、
ドライバーズタイトルはマクラーレンのハッキネンが取っています。



マクラーレン・ウイリアムズと比較すると以下の様になります↓↓

Highcharts Example
※1966年 マクラーレン参戦開始
※1975年 ウイリアムズ参戦開始


やはりこの3チームがF1の歴史を作っていることがよくわかります。
フェラーリの安定感はすごいとしか言いようがないですね…
ウイリアムズにはもっと頑張って欲しいです(´;ω;`)

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事



author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事