ソニーのネットワークサービスの売上高が推移が見事な右肩上がり

少し前になりますが、ソニーの2015年度決算のスピーチ資料の中で示された「ネットワーク売上高推移」が気になりましたので、とりあえず記事にしておきます。ここでの「ネットワーク売上高」が何を指しているのかはよくわからないのですが、PS Now/PSN・PS+/PS Video/PS Vue(米国)あたりの売上の合計だと認識しています(詳細が分かればアナウンスします)

sony12.jpg


以下を見ての通り、PS4発売以降にネットワーク売上高が大きく伸びていることが解ります(棒グラフは4半期別の数値)


sony11.jpg
※2015年度決算のスピーチ資料より抜粋


各年度のQ3(10月~12月)に大きく数値が伸びていますが、これは年末商戦でPS4の販売が増えそのままその購入者がネットワークへの課金をしているためだと考えられます。現在、コンシューマ向けゲームハードで1強となりつつあるPS4ですが、2016年秋には待望のPSVRが発売されますし、それに合わせてPS4.5の発売も噂されていますので、今後もPS4本体とネットワーク売上高は「右肩上がり」が予想されます。


PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2015-06-29)
売り上げランキング: 11

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


Index for HighCharts FreQuent
author imageAuthor:Lynx
データをグラフ化&推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願い致します。



最新記事