【2018年】主要8社の米国新車販売台数の推移 =米調査会社オートデータ

経済指標として報道されることの多い”アメリカ合衆国の新車販売台数”の推移をメーカー別(主要8社)にグラフ化しています

fav1.jpg


トランプ大統領の就任当初、米国第一主義に基づく日米間の貿易収支の均衡化(主に日本からアメリカへの自動車輸出)について色々と報道がされましたが、そもそも日本車はアメリカでどれほど売れているのでしょうか。今回、米調査会社オートデータが月初に発表している「米国新車販売台数(速報値)」を月別にまとめているマークラインズ株式会社自動車販売台数速報 米国 2018年のデータを使用させて頂き、主要8社(米国勢”GM・Ford・FCA”、日本勢”トヨタ・ホンダ・日産・SUBARU” 、韓国勢”現代”)の米国新車販売台数をグラフ化しております。


最終更新 2018/03/10
2018年02月までのデータを入力。



まず、アメリカ合衆国全体での新車販売台数(新車総販売台数)を見てみます。

2017-2018米国新車総販売台数

※数値は乗用車と小型トラックの合計値

2018年は前年比微減でスタート。ただ、過去最高セールスを記録した2016年と比べても悪い数ではなく、高いセールスを維持しているとも言えます。



次に、主要8社の米国新車販売台数の推移を見てみます。

主要8社 米国新車販売台数
※数値は乗用車と小型トラックの合計値

例年通り、米3社(GM・Ford・FCA)に、日3社(トヨタ・ホンダ・日産)が食い込んできている形になっています。米国に重きを置くSUBARUも引き続き高いセールスを維持しており、前年同月比プラスを維持しています(スバルの米国新車販売台数の詳細はコチラの記事で)。現代は、中国市場同様に米国市場でも苦戦しており、SUBARUに抜かれそうです。



---- 参考  2012年~2017年 主要8社の米国新車販売台数の推移 ----

主要8メーカー 米国新車販売台数推移
※数値は乗用車と小型トラックの合計値

全体的に市場が拡大する中、SUBARUがじりじりと販売を増やしているところは特筆すべきところでしょう。トヨタ・ホンダ・日産も善戦している印象です。


2012年の詳細はコチラ
2013年の詳細はコチラ
2014年の詳細はコチラ
2015年の詳細はコチラ
2016年の詳細はコチラ
2017年の詳細はコチラ


世界No.1の利益を生みだす トヨタの原価
堀切 俊雄
かんき出版
売り上げランキング: 138,712

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事



author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事