太陽電池(セル・モジュール)の国内出荷量と国内出荷量に占める輸入の割合 推移

太陽電池(セル・モジュール)の国内出荷量と国内出荷量に占める輸入の割合の推移を
年度別・四半期別でグラフ化しました。


まず、用語の説明ですが

太陽電池素子(「セル」)を必要枚数集めて、屋外で利用できるよう樹脂や強化ガラスなどで保護し、
パッケージ化したものを「モジュール」と言います。
このモジュールは太陽電池パネルとも言われています。

そして、モジュールを複数枚集めて連結し
所定の電圧・電流を得れるようにしたものが「アレイ」と呼ばれ、
このアレイが一般的に言われている「太陽光パネル」とです


今回、太陽電池(セル・モジュール)の国内出荷量(国内生産量+輸入量)を見る事で、
国内の太陽光発電の導入量が解るかと思い調べてみました

まず年度別のグラフです


Highcharts Example




次に2009年度からの四半期別のグラフです


Highcharts Example

グラフを見ると2009年度から急激に国内出荷量が増えている事が解ります。
これは「余剰電力買取制度」がこの年から始まり、住宅用を中心に需要が高まったためだと
考えられます。

また2009年度を境に輸入量が急増しているのも見てとれます。
しかもその割合がジワリジワリと上昇しているのが2つ目のグラフからよく解ります。

再生可能エネルギー先進国ドイツでは、
太陽光発電導入をを一時期強力にプッシュしていましたが、
中国の安価な太陽パネルが大量に流入してきて、ドイツ国内のパネルメーカーが
相次いで破綻・規模縮小しました。
これと同じ事が日本でも起きつつあるような気がします。

太陽光発電導入は、「エネルギー安全保障」や「環境対策」の他に
「国内産業育成」という面もあるので、
このまま野放しにしておくのは危険だと思います

ただ、過度な保護政策は日本にとって逆にマイナスになると思うので、
「バランス」が重要なんでしょうね。
このバランスの最適解が解れば苦労はしないんですが…^^; 難しいですね



※同じカテゴリー内の【エネルギー】 太陽光発電 各年・累積導入量(設備容量)
数値が似通ると思ったのですが値が結構違っています。

ソース元が違う(エネルギー白書は資源エネルギー庁のデータを利用しています)のもありますし、
単に太陽電池国内出荷量=太陽光発電導入量が成り立たないのかもしれません。
資源エネルギー庁がどのデータから太陽光発電導入量を調べたのか気になりますが、
調べたところ、ちょっとわからないので個人的にモヤモヤしています

解り次第報告します

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事


プリウスの魅力・売れる理由

今日は「プリウス」の魅力について少し語ります

moki2.jpg


1.燃費

プリウスといえばハイブリッド車の代名詞的存在ですが、
やはりハイブリッドシステムを搭載しているので燃費がいいです

【プリウス3代目(カタログ値)】
32.6km/L(JC08モード) 38.0km/L(10・15モード)
こちらのサイトによると、実燃費は、23.4Km/Lぐらいの様です

世界各国で自動車メーカーによる燃費競争が行われていますが、
ガソリン車・ハイブリッド車では圧倒的な数値です。
プリウスの兄弟車であるアクアに抜かれるまでは、長らく「最も燃費がいい車」 に君臨していました(国内・国外)

しかし、この高い燃費を実現していたハイブリッドシステムのコアの部分の特許が
そろそろ切れるらしいので、あまりうかうかはしていられません…



2.リアデザイン

いくら燃費がいいと言ってもダサい車は売れません
プリウスは燃費だけでなくデザインもいいと思います

特にリアデザインが気に入ってます

moki.jpg

アクアやホンダのインサイトも似たデザインですが、
プリウスのが、ずば抜けて「カッコイイ」かなと思います
少し運転席から後ろが見ずらいようですが…

フロントやサイドのデザインも悪くないし、
個人的にはホンダのN-ONE・フィットと並んで大衆車ベスト3にプリウスを押しています


3.静音性

プリウスはハイブリッドシステムを搭載していますが、
エンジンとモーターが独立しているので、モーターのみで走行する事が可能です。
(ホンダのハイブリッドシステムは基本的にエンジンのアシスト的な位置付けなので、
モーターだけで動くという事はほとんどないようです。)

プリウスは街中いたるところで走っているので知っていると思いますが、
発進時はとても静かです(モーターの動力のみで動いているので)

静かすぎて「車接近に気付かない」ということで、
現在発売されているプリウスには低速時に音が鳴る「音発生装置」がついているようです



最近のガソリンエンジンもかなり静かになったとはいえ、
静音性ではやはりモーターに分があるようです


以上、プリウス語りでした。
個人的にプリウスが好きなので書いてみました

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事


「Nexus 7」 日本発売決定!

グーグルが2012年7月からアメリカ・英国等で発売していた、
小型・軽量タブレット「Nexus 7]が日本でも10月から発売されるようです!!


ui1.jpg


Nexus7は、GoogleタブレットとしてAUSUが手がけているもので
スペックはそれほどでもないんですが、何といっても安い!

米英では 8GBモデルで、199ドル(約1万6000円)
16GBモデルでも、249ドル(約2万円)で売り出されていました
(今amazonで輸入しようとすると、8GBモデルでも2万5000円します…)

日本での値段はまだ発表されていませんが、
2万円ぐらいなら「衝動買い」してもお釣りがくるぐらいの価値はありそうな気がします

chromebookを結局買わなかった自分としては、
今回は是非買いたいところ…なんですが、
先日発売されたSONYの「Xperia Tablet S」を買おうと思っていたので、
悩みの種が増えてしまいました(笑)

ただXperiaタブレットとネクサス7は
大きさ・重さが違うので、(カッコよく)使い分ける…のもありですね

でも2万円なら本当欲しいなぁ^^;
(ちなみXperiaタブレットは一番安い16GBで4万弱です)

ui1.jpg iuiuiuii.jpg

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事


【シーズン別】 Jリーグ チャンピオン経験チームの順位表 推移

Jリーグ年間チャンピオン経験チーム(8チーム)の各ステージ・各年の順位の推移をグラフにしました

1993年のJリーグの発足からそろそろ20年が経過しますが、
これまでJリーグで年間チャンピオンになったのは

ヴェルディ川崎 2回 1993,1994
横浜Fマリノス(横浜マリノス) 3回 1995,2003,2004
鹿島アントラーズ 7回 1996,1998,2000,2001,2007~2009
ジュビロ磐田 3回 1997,1999,2002
ガンバ大阪 1回 2005
浦和レッズ 1回 2006
名古屋グランパス 1回 2010
柏レイソル 1回 2011

の8チームです。

これらのチームの順位が各年いくつだったのか知る事でその時代の雰囲気を楽しめるかなと思います
(1993年から2004年までは2シーズン制でしたのでそれぞれのシーズンの順位を表示していますが、1996年だけは1シーズン制だったので注意してください)


Highcharts Example

※ヴェルディ川崎は2001年から「東京ヴェルディ」へ
※横浜マリノスは1999年に横浜フリューゲルスを吸収して「横浜Fマリノス」へ
※J2に所属している時は順位を表示していませんので、データがところどころ飛び飛びになっています

(かなり見ずらい感じになってますが、凡例のチーム名をクリックすると折れ線グラフを増減できますのでそちらを活用して見てみてください)

グラフを見ると、各チーム結構順位変動が大きい事が解ります
その中でも
1990年中盤あたりのヴェルディ川崎
1900年後半と2000年前半のジュビロ磐田
2000年中盤の横浜Fマリノス
2000年後半の鹿島アントラーズ
この辺りは各チームの黄金期といってもいいかもしれません

その他特筆すべきは 鹿島がちょこちょこチャンピオンになっているのと
2000年の初めごろから2004年2ndステージ優勝までの浦和の右肩上がり、そしてその後の右肩下がり
柏の昇格からのいきなりチャンピオン!ぐらいですかね

2012年はどうなりますか…
我がジュビロには頑張ってもらいたいところです

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事



author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事