【設定方法】 Chrome拡張機能「その本、図書館にあります。」を実際に設定してみた!

Amazonで販売している書籍が、近くの図書館に置いているのか直ぐにわかる「その本、図書館にあります。」というGoogleChromeの無料の拡張機能がねとらぼさんで紹介されていて気になったので、実際に設定してみました。
下の画像のように、Amazonの本の検索ページで図書館でその本が借りられるかどうか表示されます。


ama8.jpg


まず、GoogleChromeを使って「その本、図書館にあります。」のChromeウェブストアに飛んでください。今回紹介するものは、GoogleChromeの拡張機能なのでChrome以外のブラウザでは使えません。Chromeをまだダウンロード&インストールしてない方はGoogleChromeで、まずはChromeをダウンロード&インストールする必要が有ります。


ama1.jpg

赤丸で表示している所をクリックすると「その本、図書館にあります。」がChromeにインストールされます。

次に、自分が住んでいるところの最寄図書館を設定します。
Chromeの右上端にある設定ボタンの「設定(S)」を押します。

ama2.jpg


設定画面の左上端にある「拡張機能」をクリックします。

ama3.jpg


すると、Chromeにインストールされている拡張機能の一覧が表示されるので、先ほどインストールした「その本、図書館にあります。」の下の方にある「オプション」をクリックします。

ama4.jpg


あとは利用したい図書館を設定して(表示までに若干時間が掛かりますが、その辺は御愛嬌で)、右端に表示されている「設定する」ボタンを押せばOKです。

ama5.jpg

これで初期設定は完了です。
あとは、Amazonでお目当ての本のページにいくと赤線枠で表示しているように、設定した図書館で本が借りられるかどうかを自動的に表示してくれます。これは本当に便利!!

ama6.jpg


また、設定した図書館と同じ区市町村の他の図書館が蔵書していると、その貸出状況も出るので設定した図書館で本を置いていない場合や貸し出し中でも他の図書館から取り寄せてもらうということも可能です。

開発者のkanakogiさん(kanakogiさんブログ)には感謝ですね。


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事


【IE対応】シンプルな横向きナビゲーションバーをブログに導入する方法

今回はIEでも上手く作動するナビゲーションバーをブログに導入する方法を紹介したいと思います。

最近、ナビゲーションバー(グローバルナビゲーションバーとかナビゲーションウインドウとも言うらしい)を導入しているサイトさんが多いので「いつか私も…」と思っていたのですが、先日ある記事で「ナビゲーションバーにはSEO効果がある」という記事を読み、モチベーションがアップしたので今回ナビゲーションバーを導入してみました。

参考にしたのはWebWordさんの「横型のナビゲーションバー」という記事です。この記事の最後の方に書いてあるHTMLとCSSのファイルをまずは自分のテンプレートに張り付けてみました。私はナビゲーションバーをメインエレメントの最上部に設置したいので、メインエレメントの最上部に位置する所にHTMLを貼り付けます。CSSはどこに張り付けてもOKだと思います。

HTML
--------------------------------
<div>

<ul>
<li><a href="http://www.javadrive.jp/">JavaDrive</a></li>
<li><a href="http://www.webword.jp/">WebWord</a></li>
<li><a href="http://www.dbonline.jp/">DBOnline</a></li>
<li><a href="http://www.moviehouse.jp/">MovieHouse</a></li>
</ul>

</div>
---------------------------------

CSS
--------------------------------
ul{
margin-left:0;
padding-left:0;
list-style-type:none;
width:440px;
border-top:1px solid #cccccc;
border-bottom:1px solid #cccccc;
border-left:1px solid #cccccc;
}

li{
float:left;
width:110px;
}

a{
display:block;
padding-top:10px;
padding-bottom:10px;
border-right:1px solid #cccccc;
text-align:center;
text-decoration:none;
background-color:#eeeeee;
color:#555555;
width:109px;
}

a:hover{
background-color:#aaaaaa;
}
----------------------------------

しかし、これをそのまま張り付けてもブログではサイト通りに上手く表示できませんでした。
なので、ココから少し手直しします。まずHTMLの方は、このままだとリンクの表示がブログの内の他のリンクと同じ形式になってしまうので、<div>を<div id="navbar">と名前を付けてリンクの方式(やスタイルの方式等)をナビゲーションバー限定で使えるようにします(リンクの方式はCSSに記述)。また、CSSのli{ }で表示されている float:left; はIEでは上手く作動しないので、HTMLで<TABLE>タグを使って各ブロックを横向きに表示するようにします。このfloat関連はブログカスタマイズの大敵ですね…。リンク先URLやリンクの文字もココで変更します。

CSSの方は各セクションに#navbarを追加して、各セクションがnavbarだけで作用するようにしています。
後は自分のブログに合うようにwidthの値やmargin等を各自変更するだけです。私の場合、solidを使ったレイアウトを結構省略しました。


改良HTML
---------------------------------
<div id="navbar">
<ul2>
<TABLE>
<TR><TD>
<li2><a href="http://frequ2156.blog.fc2.com/blog-category-7.html">自動車関連</a></li2></TD>
<TD><li2><a href="http://frequ2156.blog.fc2.com/blog-category-6.html">ゲーム・ハード</a></li2></TD>
<TD><li2><a href="http://frequ2156.blog.fc2.com/blog-category-14.html">携帯・スマホ関連</a></li2></TD>
<TD><li2><a href="http://frequ2156.blog.fc2.com/blog-category-10.html">コンビニ店舗数</a></li2></TD>
<TD><li2><a href="http://frequ2156.blog.fc2.com/blog-category-8.html">経済関連指標</a></li2></TD>
<TD><li2><a href="http://frequ2156.blog.fc2.com/blog-category-12.html">Highchartsの使い方</a></li2></TD>
</ul2>
</TR></TABLE>
</div>
----------------------------------------

改良CSS
--------------------------------------
#navbar ul2{
margin-left:0;
padding-left:0;
list-style-type:none;
width:760px;
float: left;
border-top:1px solid #cccccc;
border-bottom:1px solid #cccccc;
}

#navbar li2{
float: left;
width:124.4px;
}

#navbar a{
display:block;
padding-top:10px;
padding-bottom:10px;
text-align:center;
text-decoration:none;
background-color:#eeeeee;
color:#555555;
width:123.4px;
}

#navbar a:hover{
background-color:#aaaaaa;
}
------------------------------

これでナビゲーションバーが導入できるはずです。
尚、上のソースコードではHTML、CSS共にulタグとliタグがそれぞれul2、li2となっていますが、ul、liのままでもOKです。私の試行錯誤の様子が見てとれるかと思います(笑)

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事


Highchartsには幅・高さを自動で決めてくれる機能が付いていた!

先日、ブログのレイアウトを変更している時に気づいたいたのですが、Highcharsのグラフの幅・高さは数値を入力しなくても自動的に決めてくれる機能が付いているようです。


ソースコードの最後の方に

-----------------------------------------

</head>
<body>
<script src="http://code.highcharts.com/highcharts.js"></script>
<script src="http://code.highcharts.com/modules/exporting.js"></script>

<div id="container-wiiu" style="min-width: 740px; height: 420px; margin: 0 auto"></div>

</body>
</html>

---------------------------------------------
※コードを表示させるために、タグのカッコの左側を全角にしてます。

という部分が有りますが、いつもはmin-width、heightの数値を変更して幅・高さを決めていました。しかし、この部分に何も数値を入れなくてもグラフを表示する事が可能で(style="min-width: 740px; height: 420px; margin: 0 auto"という部分を全て消去してもOK)、その時の幅・長さは自動的に決めてくれます。この機能を使えばスマートフォンのような縦長のディスプレイでも、わざわざ横にスライドさせなくてもグラフ全体を見ることが出来るようになります。

このオート機能いいじゃん!ということで全面的に使おうと思っていたのですが、一つ問題が…
そう、IEで使えないんです。IEでは数値を入れないとグラフの最上部しか表示されずに本体が全く見えません。今回は「サイトをIEでも見れるようにする!」というコンセプトの基やっていたのでオート機能は使わずに全て手作業で数値を変更しましたが、このオート機能をIEでも使えるようになれば使っていきたいと思います。CSSのようにIE用のフィルターとかないんですかね…
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事


【国内】 Wii U 週間販売台数 累計販売台数 推移

更新 2013年1月14日

2012年12月8日に発売された任天堂の新型据え置きゲーム機「Wii U」の
週間販売台数と累計販売台数の推移をグラフ化しました。


wiiu2.jpg wiiu.jpg

スマホ・タブレットの登場で誰もが無料で手軽にゲームができるようになって久しいですが、任天堂が新型の「据え置き機」を発売しました。ゲームパッドの導入で据え置き型と携帯型の融合を図り、これまでとは一味違ったゲームが楽しめる他、今回はWiiUでゲームをするだけでなくソーシャルなつながりを持たせることにも重点を置いているようなので、今後WiiUをどのように展開にさせていくのかにも期待です。

それでは、週間販売台数と累計販売台数の推移のグラフを見てみましょう。
6年前のほぼ同時期に発売されたWiiの販売台数と比較してみていきます。データはメディアクリエイトさんの数字です。



Highcharts Example
※Wiiの日本での発売は2012年12月2日
※WiiUの日本での発売は2012年12月8日

WiiU 販売台数Wii 販売台数
初週30万8142台35万0358台
2週目 12万6916台8万5439台
3週目12万2843台10万8237台
4週目6万9386台27万9277台
5週目6万7083台9万6332台
クリスマス商戦の都合から主要国では最後に日本で発売となったWiiUですが、Wiiと比較しても出だしはまずまずと言えるのではないでしょうか。販売初週は30万台超え(2日間だけの数字、Wiiも同様)、その後2週も共に12万台を販売しています。ただ、販売4、5週目ではWiiUは失速気味です。WiiとWiiUでは発売時期が1週間違うので時期的な要因もありますが、今回は目新しさという点で若干見劣りしている感が否めません。今回、WiiUのローンチタイトルは11タイトルで、Wii発売時の16タイトルには及びませんがなかなか気合いの入った数値です。12月中に他に4つのソフトが発売予定という事です(詳しくはこちら)。

ただやはり気になるのが正月後の動向。任天堂は2012年度末までに全世界で550万台の販売を計画していますが、それを達成するには継続的に売れ続ける必要があります。ですが、正月後には目立ったソフトの発売が予定されていないのと、アップデートが~という話がをよく聞くのでこの辺りをしっかりと対応していけば(新規ソフト発売に関しては今からだとどうしようもありませんが…)、550万台は達成できるかもしれません。任天堂さん、頑張ってください!!

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事



author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事