【2013年】 ホンダの国内・国外における自動車生産台数の推移をグラフ化(2002年~)

世界中、特に欧米で高い人気を誇る日系自動車メーカー「HONDA(ホンダ)」の自動車生産台数の推移を国内・海外別にグラフ化しました

honda5.jpg      honda4.jpg    cr-z.jpg


自動車だけでなく二輪車や航空機・農耕機・ロボットも製作しているホンダですが、自動車の生産台数はどのようになっているのでしょうか。ホンダのHPで公開されている「ニュースリリース」のデータを使用させて頂き、自動車生産台数の推移をグラフ化しました。データはニュースリリースで遡れる2002年からになっており、国・地域別の自動車生産台数は2007年以降しか公表されていないため2007年からになっています。

なお、国内生産は日本自動車工業会への報告ベース(CBU+CKD)、海外生産はCKDを除くラインオフベースでの値となっています。(CBU、CKDについてはこちらのサイトで分かり易く説明されています。


最終更新   2014/09/20
2013年のデータを追加。国内生産は2年ぶり減、海外生産は2年連続で過去最高を更新。



ではまず、2002年からの国内生産台数と海外生産台数の推移を見てみましょう。

Highcharts Example

2008年のリーマン・ショック以前までは「国内横ばい・海外増加」の傾向でしたが、それ以降のリーマン・ショックや東日本大震災、タイの洪水等では、国内生産をある程度維持しつつ海外生産を調整することで対応していることが見てとれます。そのような中で、2012年は海外と国内合わせて410万台を超える生産台数となり、ホンダの過去最大の生産台数となりました。そして2013年も国内外で約430万台を生産し過去最高を2年連続で更新しました。今後も生産台数が増える見通しの中で、生産比率をどのようにしていくのか(今後も海外生産重視でいくのかどうか)気になる所ですね。是非とも国内で生産してもらいたいところですが…



次に、国別・地域別での海外生産台数の推移を見てみます。こちらは2007年以降の数値になります↓↓

Highcharts Example

グラフを見ると、北米とアジアが生産の大きなウエイトを占めていることが良く解ります。特に米国・中国での生産台数は大きいです。逆に、欧州はリーマンショック以降、大きく減少していることが見てとれます。今後は、利益の源泉となっている北米と、まだまだ販売台数が伸びるであろう中国をはじめとしたアジアで生産台数が伸びてくることが予想されます。



  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


【Vista~】 開いているウインドウを見やすく立体的に並べるショートカットキー

今回はメモ的な記事です。


scncap.jpg

今日パソコンで作業している時、キーボードのあるボタンを押したところ、上図のような表示に一瞬なりました。Windows Vistaが発売される時によくCMしてた「開いているファイルを立体的に表示する」というやつですね。

その後、どうやったらこの動作が出来るのか調べたら、富士通さんのFMVサイトの「Windowsの操作が快適になるショートカットキーを覚えよう(1/2)」でしっかりとした内容のものが載っていました。結論から言うと、ウインドウズキーを押しながらTabキーを押せばOKです=「ウインドウズキー+Tabキー」。ウインドウズキーを押しつつ、Tabキーを何度も押すと開いているファイルを移動させることができるので便利(というかカッコイイ)です。ウインドウズキーを離すと、最前列に来ているファイル(上図だとgoogleのHP)がモニターに表示されます。

この操作はWindows Vista/7で使えるようです。
今後人前でさりげなく使ってみましょう。「出来る人」感が演出されるかもしれません。

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


【過去最高】 しまむら&アベイルの国内店舗数推移をグラフ化(2003年度~)

ファーストリテイリングと並んで国内2大アパレルメーカーとなりました「しまむらグループ」の主力ブランド
"ファッションセンターしまむら"と"CASUAL&SHOES アベイル"の国内店舗数の推移をグラフ化しました。


simamura.jpg         abe.jpg



最終更新 2014年09月11日
2013年度(2013年02月末)のデータを追加、記事の加筆を行いました。



田舎の幹線道路沿いにあって、アットホームな感じがして、低価格なので値段を気にせずに買い物できる…
そのようなイメージのある「しまむら」ですが、店舗数も増やし利益もしっかり上げていることから、経済番組とかでよく特集が組まれています。日本では、ユニクロを展開するファーストリテイリングに次ぐ2位の売上げですし、世界的に見てもしまむらは世界7位!の売り上げを誇っています[世界のアパレル業界 売上高ランキング TOP10(2012年)]。

sima2.jpg


世界7位の売り上げを誇る、我ら「しまむら」の国内店舗数がどのように推移してきたのか気になりましたので調べてみました。しまむらグループの代表的な店舗である「ファッションセンターしまむら」と、主に若い男性をターゲットにした「CASUAL&SHOESアベイル」の店舗数のデータが、しらむらグループHPのIR情報内の売上速報に掲載されていますので、今回はそちらのデータを使用させて頂きました。


それでは、早速しまむらとアベイルの店舗数推移を見てみましょう。

しまむら国内店舗数推移

アベイル国内店舗数推移
しまむら&アベイル累計店舗数推移
※ここでの「年度」は各年2月末の値となっています。

両ブランドとも着実に店舗数を増やしていることがわかります。しまむらに行けば「安くてそこそこの品質のものがたくさんある」という安心感が顧客に受けているのではないでしょうか。こういう3拍子が揃ったアパレル店ってなかなかないですよね。

これからも、「しまらー」は増えていきそうです。


ユニクロ vs しまむら(日経ビジネス人文庫)
月泉 博
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 96,764


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


ブログデザイン変更フェーズもそろそろ終わりそうです。

ご無沙汰しております

ここ最近はブログデザインをイジル→若干AdSense収益が上がる→さらにイジルというフェーズに入っており、記事の更新が出来ていませんでしたが、それも一段落してまたいつも通りの収益に戻ってきたので、そろそろ通常営業に戻ると思います。数か月一回、無性にデザインをいじりたくなる時があるんですよね…今回はそこにadsenseの収益も絡んできたので長期化してしまいました。断捨離関係の本を読んだのも多分に影響しています。

ちなみに右上のgoogleカスタム検索のデザインも変更しています。
IEでブログを閲覧すると、カスタム検索の所の背景が白になっていますが…まぁいっか

今後もよろしくお願いします。

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


Index for HighCharts FreQuent
author imageAuthor:Lynx
データをグラフ化&推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願い致します。



最新記事