【主要5社】軽自動車の新車販売台数推移をメーカー別にグラフ化(2000年度~)

国内における軽自動車(軽乗用車+軽貨物車)の新車販売台数の推移をグラフ化しました。また、主要5メーカー(スズキ・ダイハツ・ホンダ・日産・三菱)の新車販売台数シェアの推移(2000年度~2013年度)も作成しました。

スズキ ロゴ     ダイハツ ロゴ     日産 ロゴ       ホンダ ロゴ     三菱自動車 ロゴ


増税関連の報道や燃費競争で話題に上ることの多い軽自動車ですが、メーカー別(特に最近好調なホンダ)の新車販売台数の推移が気になったので調べてみました。データは「一般社団法人 全国軽自動車協会連合会」が毎月公表している軽自動車新車販売確報の年度末のものを使用させていただきました。


最終更新 2015/10/23
2014年度(2014/04 ~ 2015/03)のデータを入力。



まずは軽自動車全体の新車販売台数の推移(2000年度以降)を見てみます。
なお、ここでの軽自動車とは軽乗用車と軽貨物車のことで、データの数値はそれらを合算した値となっています。

国内軽自動車販売台数
※数値は各年度末(4月~翌3月)

グラフを見ると2006年度をピークに、2000年後半は販売が減少しているのが見てとれます。リーマンショックやギリシャ危機等の世界経済の影響もありますが、個人的には「軽自動車のマンネリ化(どのメーカーも燃費を重視し、ラインナップが定番ばかり)」が大きな要因ではないかと考えています。

しかし、その後は2010年度を底に販売が増加に転じ、2012年度は前年度比116.8%、2013年度は前年度比114.7%で約226万台と大きな増加となっています。これは「アベノミクス」による日本経済の好転が背景にあるのは間違いないですが、、ホンダの「N」シリーズや日産と三菱自動車の合弁会社NMKV(Nissan Mitsubishi Kei Vehicle)の「デイズ」、スズキのSUV型の「ハスラー」をはじめとする軽自動車の新車種発売やデザイン・機能向上が大きかったと考えています。これにより、軽自動車が一段上のステージに登り、ユーザーも販売台数増加という形でしっかりとそれに反応しています。

2014年度は前年度比96.1%と一段落ついた感はありますが、今後も200万代はコンスタントに販売してくるのではないかと考えております。

関連記事
【軽新時代】 ミラ・ワゴンR・モコ・N BOX・N-ONEの国内新車販売台数の推移をグラフ化
【軽自動車】 デイズ・ekワゴンの国内新車販売台数の推移をグラフ化


次に、主要メーカー5社の新車販売台数とそのシェアの推移を見てみます。


メーカー別軽自動車販売台数
※数値は各年度末(4月~翌3月)


メーカー別国内軽自動車新車販売台数 シェア推移
※数値は各年度末(4月~翌3月)

こちらのグラフを見ると、全期間を通じてスズキ・ダイハツの2社で全体の販売台数の5割強を販売しており"2強"を形成している事がよくわかります。また、2000年前半は一定の販売実績のあった三菱自動車が苦戦している様子(販売シェアは00年度の13.38%から14年度は3.46%)や、ホンダの2012年度からの好調が見てとれます(販売シェアは2011年度の9.81%から2013年度は19.20% )。日産は、シェアは低いものの安定したセールスを記録しています。


今回調べてみて、軽自動車における"スズキ・ダイハツの存在感&安定感"が想像以上だったというのが率直な感想です。長年軽自動車を設計/開発/製造/販売しているので、そのノウハウはおいそれと追い付き追い越せるものではないようです。ただ、ホンダを筆頭に他社も軽に力を入れていますので、2強もうかうかはしてられません。


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


日本の経常収支の推移をグラフ化(1996年~2014年)

経常収支 年次
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


【2.6億枚】クレジットカードの国内発行枚数の推移をグラフ化

現代社会を生活する上で持っていると何かと便利なクレジットカード。今回はそのクレジットカードの日本国内での発行枚数の推移を系列別にグラフ化しました。

cregit.jpg

最近は、プリベイド型電子マネーのsuicaやnanaco、waonが人気で、その発行件数・決済件数も増えていますが(詳細は【主要6社】プリペイド型電子マネー 発行枚数・決済件数の推移を参照)、インターネットショッピングや海外での買い物では多くの人がクレジットカードを使用しています。また、場合によってはクレジットカード払いでしか支払いを受け付けていないサービスも多々ありますので(Hulu等)、クレカはマストアイテムとなりつつあります。

以前は発行基準が厳しく、クレジットカードを持つことがステータスという時代もあったようですが、今では基準が緩いも会社も多く、多くの人が所持しています。一人で複数枚所持し、TPOで使い分けている人も多いと思います。そんなクレジットカードですが、その発行枚数がどうなっているのか気になったので調べてみました。

今回使用させていただいたデータは、一般社団法人 日本クレジット協会の"クレジット関連資料"内のコチラコチラ(最新)のクレジット発行枚数調査結果ニュースリリースです。なお、ここでの"発行枚数"とは、「家族カード等を含むすべてのカードを発行数とし、退会等によって会員資格を失ったものや有効期限が切れた後更新を行っていないカードの数を除いた有効発行数残高」のことを指します。


最終更新 2015/10/07
日本クレジット協会が公表していた”クレジットカード発行枚数”について、「一部調査対象事業者において報告すべき数値の解釈に誤解があり過大な数値で公表していた」とHPにて発表がありましたので、当ブログも過去に遡って数値を訂正しました。詳細はコチラ


それでは、国内におけるクレジットカードの発行枚数の推移を見てみます。

クレカ発行枚数
※数値は各年度末(以後同様)

2010年度まで発行枚数は増加していましたが、2011年度から減少に転じています(2014年度は増加)。敷居が低くなり競争も激しくなったとはいえ、人口減少&少子高齢化を考慮すると、中長期的には漸減が予想されます。また、電子マネーやおサイフケータイなど支払方法も多種多様になっていますので、そちら急激にシフトしていく可能性も十分あります。ただ、最近は、「電子マネー機能付きクレジットカード」などというものもありますので、今後どういう形に落ち着いていくのか解りません。


-----以後の記事内容は、数値が上で見た「クレジットカード発行枚数」の定義と異なるので、参考程度にご覧ください(今後数値を改訂予定)-----


次に、クレジットカード発行枚数の内訳(系列別)を見てみましょう!!


Highcharts Example


Highcharts Example
※銀行系の一例
SMBCカード りそなカードセゾン みずほマイレージクラブカード 三菱東京UFJ-VISA
※流通系(百貨店・量販店)の一例
イオンカード セブンlカード/アイワイカード OMCカード ファミマTカード ゴールドポイントカード(ヨドバシ)
※信販系の一例
ニコスカード オリコ クオーク ジャックス セディナ アプラス
※メーカー系(電機メーカー系クレジット会社、自動車メーカー系クレジット会社)の一例
ソニーカード TS CBBICカード HondaC-card 日産カード 東芝Fカード Hitachi Card
※中小小売商の一例
日専連カード 日商連カード(NCカード)
※その他(石油、通信、鉄道・航空会社、ホテル、旅行業者など)の一例
NTTグループカード ビュー・スイカカード JALカード ANAカード 出光カード 楽天カード

こちらのグラフを見ると銀行系のシェアが高いことが解ります。
ただ、最近は流通系や"その他"のカードが伸びているようです。普段の買い物でよく使いますし、クレカで支払うとポイントを余分にくれるところがたくさんありますから人気があるのでしょう。逆に信販系はシェアを落としていますが、これは若者を中心に認知度が低いためだと考えられます。

ポイント、マイルが倍返し!!クレジットカード最強の法則 (Town Mook)
岩田昭男
徳間書店 (2014-07-03)
売り上げランキング: 60,446

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


【2015/08】N-BOX N-ONE N-WGN 新車販売台数推移をグラフ化

軽自動車に新たなトレンドを作ったホンダのNシリーズ「N-BOX(エヌボックス)」「N-ONE(エヌワン)」「N-WGN(エヌワゴン)」の国内新車販売台数の推移をグラフ化しました


nbox4.jpg
発売から3年半が経ちますが、未だ人気のN-BOX。ホンダHPより


プリウス・アクア・フィットと同様に、街中に出没するホンダの新世代軽自動車「Nシリーズ」ですが、販売台数はどのように推移しているのでしょうか『参照記事: 【HV】プリウス・フィット・アクア 国内新車販売台数の推移をグラフ化(2003年~)』。今回は、全国軽自動車協会連合会が公表している「軽四輪車通称名別新車販売確報」のデータを使用させて頂き、グラフを作成しました。

none.jpg
愛らしいフォルムで人気のN-ONE。 ホンダHPより


最終更新 2015/10/02
2015年08月までのデータを入力。記事を加筆修正。



それでは早速、各Nシリーズの国内新車販売台数の推移を見てみます。


N-BOX・N-ONE・N-WGN新車販売推移
※2011/11/30 N-BOX発売。2011/11/01 N-ONE発売。2013/11/20 N-WGN発売
※ソース基では、2011年10月にN-ONEの販売台数13台とありますが、N-ONE発売前の為省略
※各数値には、「N-BOX +」等の派生車種の販売台数も含まれます。

グラフを見ると、まず「N-BOX」のセールスが好調なのが見て取れます。2011年11月発売なので既に発売から3年半経過していますが、人気のトールワゴン型ということもあり、人気が継続しているようです。「N-ONE」に関しては、発売開始当初はまずまずの販売でしたが、最近は低迷しており、月間目標販売台数を発売当初の1万台から4千台へ大きく下方修正しています(2014年5月)。発売から比較的日が浅い「N-WGN」は、N-BOXに追随するような形で高い販売台数を維持していましたが、ここ最近は販売が伸び悩んでいます(とは言っても月販7000台近く販売しています)。


コチラの記事は、毎月数値を更新して見守っていく予定です!



nwgn.jpg
総合力No.1の呼び声高いN-WGN。ホンダHPより

その他の人気軽自動車の販売台数推移の記事
【2014/09】 デイズ・ekワゴンの国内新車販売台数の推移をグラフ化(発売以降~)




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


Index for HighCharts FreQuent
author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事