【2017年】セブンイレブン 国内店舗数推移をグラフ化(1974年度~)

コンビニ業界最大手であるセブンイレブンの国内店舗数の推移をグラフ化しました。国内店舗数2位のローソン、3位のファミリーマートとの店舗数推移の比較も行っています。

セブンイレブン ロゴ               7&i ロゴ       セブンスポット ロゴ

すっかり私たち日本人のライフスタイルに定着し、インフラ化したコンビニエンスストア。今回は、コンビニ業界最大手のセブンイレブンの国内店舗数がどのような推移で増えてきたのか気になりましたので調べてみました。データは、セブンイレブンHPの企業情報に掲載されている「売上高、店舗数推移」を使用させて頂きました。最新のデータ(2017年02月末)はコチラの決算短信に記載されています

「国内のコンビニは飽和状態」と言われ続けてきましたが、2009年以降、女性や高齢者の利用が一段と進み店舗数は今もなお増加しているようです。そのあたりをグラフで確認していきます。


最終更新 2016/05/25
2017年2月末の国内店舗数&2016年03月末の海外店舗数のデータを追加



まずは、各年ごとの国内店舗数と国内店舗純増数(新規出店数から撤退店数を引いた値)を見てみます。

セブンイレブン 国内店舗数


セブンイレブン国内店舗純増数

※グラフの表記は「年度」としていますが、正確には各年2月末の値です(例:2014年度=2015年2月末)

グラフを見ると、1974年の初出店以降、毎年度200~500店舗ずつ店舗数を増やしており、2000年前半には1年で600店以上店舗数を増加させていました。しかしその後、2002年度を境に店舗純増数は減少傾向になりました。おそらくこの時にいわゆる”国内コンビニ飽和論”が形成されたと思われます。ただ、2009年度以降は再度増加傾向が顕著になり、2012~2015年度は脅威の1000店舗以上の純増となっています。増加の理由としては、高齢者向けの商品(惣菜等)の増加・内食の流行り・お手頃価格の商品(プライベードブランド等)の増加・未婚者や単身者の増加…などコンビニ業界の努力とライフスタイルの変化が上手くマッチングしたためだと考えられます。


次に競合他社であるローソンとファミリーマートの国内店舗数と比較してみます。 ※まだファミリーマートとサークルKサンクスの経営統合による店舗数変化を下のグラフでは反映させていません(近日中に更新予定)。注意してください。


主要3社 セブンイレブン・ローソン・ファミマ店舗数推移
※表記上、横軸を「年度」としていますが、3社とも各年2月末の数値です。(例:2014年度=2015年02月末)
※ローソンの数値はナチュラルローソン、ローソンストア100、成城石井も含みます。
※ファミリーマートは過去のデータが手に入らなかったため2001年度からの数値です。

他社と比べてもセブンイレブンが店舗数では一歩リードしていることがわかります。上述した通りセブンイレブンは2002年度以降、店舗純増数が(これまでと比べると)減少していましたが、グラフを見ると他2社はこの時期にセブンよりも純増数が少なく、店舗数を増やせていません。この「コンビニ停滞期」における差が、昨今の国内店舗数の差として表れているように見えます。

また、セブンイレブンは「ドミナント戦略」を用いており、日本国内でも”セブンイレブンがない県”が以前は多数存在していましたが、最近は未開の地にも出店攻勢を仕掛けおり、店舗数を大きく増やしています。




最後に、国内の都道府県別店舗数と全世界(国内・国外)におけるセブンイレブンの店舗数を見てみます。
画像はセブンイレブンHPに掲載しているものをスクリーンショットさせて頂きました。


最初に、国内の都道府県別の店舗数です。

seven74.jpg


都市部を中心に平均的に店舗があるようです。沖縄に関しても、2018年には進出するようです(詳細はコチラ)。 次に、全世界の店舗数です。こちらは過去の画像と見比べることで推移が見られます。

まず、2012年9月末のものがこちらです↓ セブン海外店舗数2012/09
次に2014年3月末のものがこちらです↓ セブン海外店舗数2014/03
最後に2016年12月末のものはこちらです↓
seven744.jpg


画像を見ると、セブンイレブンは北米・東アジア・東南アジアを中心にかなりの数の店舗数を持っていることがわかります。特に東南アジアを中心に店舗数が増加しており、ここ1年で(海外全体で)3300店舗近く増加しています。北米・アジアだけでなく、欧州にも店舗を持っているとは…さすがセブンイレブンといったところでしょうか。海外でも日本のコンビニの出店ラッシュが続いているのは、「家のすぐ近くに手頃な食材や生活必需品がそこそこの値段である」というのは万国共通の需要であるためだと考えられます。


■主要コンビニ8社の国内合計店舗数の推移はコチラ
■nanaco(ナナコ)も含めたプリペイド型電子マネーの発行枚数の推移はコチラ


セブン&アイHLDGS.9兆円企業の秘密―世界最強オムニチャネルへの挑戦
朝永 久見雄
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 8,398

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


【主要8社】コンビニの国内店舗数推移をグラフ化(1983年~)

飽和と言われつつ今なお増加し続けるコンビニエンスストア。既にインフラと化したコンビニの店舗数がどのように推移してきたのか気になりましたので、今回調べてみました。

コンビニ

これまで、セブンイレブンローソンファミリーマートミニストップに関して、個別に店舗数推移を見てきましたが、今回はコンビニ業界全体での店舗数推移を調べてみました。データは、一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会(JFA)が公開している統計調査資料を使用させていただきました。

JFAの調査対象のコンビニは、2017年03月時点で以下の8社です。

"スリーエフ、セイコーマート、セブン-イレブン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、デイリーヤマザキ、 ローソン"

上記の通り、主要なコンビニは含まれていますが、各社のJFA加入時期が不明なことと、過去の資料の店舗数データが「年末・年度末」とで混在しているため、今回下記で作成したグラフの正確性・一貫性は低くなっています。また、国内には上記コンビニ以外にもローカルなコンビニが多数あるため、「国内の”主要な”コンビニの店舗数推移のおおよその流れ」を把握するために活用してください。


最終更新 2017/04/23

2016年までのデータを入力しました。
2017年03月度 主要8社国内コンビニ店舗数 54,822店舗 (前年同月比+1,202店舗)




まず、1983年から2016年の店舗数推移を見てみます

主要8社コンビニ店舗数推移
※1983年~1998年は年末なのか年度末なのか不明
※1999年~2003年は年度末の数値
※2004年~2016年は年末の数値

グラフを見ると、1990年代に急激に店舗数が増加しているのが見てとれます。しかし、2000年代になってからは横ばいの状態がしばらく続きましたが、2000年代後半から少しずつ増え続け、2010年代になると再び増加速度が増してきています。2016年12月末では5万4501店舗になっていますので、2017年中には5万5千店舗を突破しそうです。

今後も業界3強の”セブンイレブン””ローソン””ファミリーマート”を中心に、どこまで店舗数を増やしていくのか大変気になるところです。


次に、1年ごとの店舗数の増減を示したグラフです。


主要8社コンビニ各年純増数

※1983年~1998年は年末なのか年度末なのか不明
※1999年~2003年は年度末の数値
※2004年~2016年は年末の数値

こちらのグラフを見ると、先述した通り1990年代の大きな増加、2000年代の停滞、2010年からの再増加(2015年、2016年は大きな増加にはなりませんでした)がよく見てとれます。1987年と2004年の大きなマイナス、ならびに1988年・1989年(1994年も?)の大きなプラスは統計方法の変更等があったためだと考えられますが、データ元であるJFAにはそういう記述が見当たりませんでしたので、確認が取れておりません。注意が必要です。


ちなみに、セブンイレブン・ローソン・ファミマの主要3社の店舗数推移は以下のようになっています。最近は、コンビニ各社の合併・提携等が非常に増えているので、主要3社のバランスは今後大きく変わる可能性が高いです(こちらのデータは少し古く、まだファミマとサークルKサンクスの経営統合の数値が反映されていません。機会を見て更新予定です。)


セブンイレブン・ローソン・ファミマ店舗数推移

※表記上、横軸を「年度」としていますが、3社とも各年2月末の数値です。(例:2014年度=2015年02月末)
※ローソンの数値はナチュラルローソン、ローソンストア100、成城石井も含みます。
※ファミリーマートは過去のデータが手に入らなかったため2001年度からの数値です。

各社右肩上がりなのが見てとれます。特にセブンイレブンのここ2~3年の伸びは驚異的です…。セブンは他二社よりも一店舗当たりの売上げが10万円近く多いようなので(コチラの記事を参照)、オーナーにしてみれば「同じやるならセブンで」というのも頷けます。もちろんフランチャイズ契約するには、初期費用割合やいわゆるフランチャイズ料等考慮すべき事項が諸々あるのでしょうが…


セブン&アイHLDGS.9兆円企業の秘密―世界最強オムニチャネルへの挑戦
朝永 久見雄
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 22,237

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


主要7カ国の自動車生産台数の推移をグラフ化(2000年-2016年)

経済の中心がG8からG20へ移行しつつある現在、自動車生産の場はどのように変化しているのでしょうか。ここでは、主要7カ国(米国・日本・中国・韓国・インド・ドイツ・メキシコ)の自動車生産台数の推移をグラフ化しています。

fav1.jpg

自動車生産の場では、ヒト・モノ・カネ・企業・技術が集積し、その国に"自動車産業"を形成します。自動車産業は、"産業の王様"とも称されるように、金額ならびに裾野が広いため、各国それらを獲得・維持する為に盛んに各自動車メーカーに働きかけを行っています。政治家の一言で、メーカーがその国に工場を新設するか否かが決まったりすることも記憶に新しいですよね。そんな自動車生産が、紆余曲折の中どのように推移してきたのか気になりましたので調べてみました。データは、自動車をはじめ様々なデータを掲載しているGLOBAL NOTE世界の自動車生産台数 国別ランキング・推移に掲載されているもの(元データはOICA:国際自動車工業連合会)を使用させて頂きました。


最終更新 2017/04/23
アメリカ合衆国の表記をUSAに変更しました。



それでは早速、主要7カ国の各年の自動車生産台数の推移を見てみます(2000年~2016年)


世界主要国 自動車生産台数の推移


グラフを見ると、2009年以降の中国(グラフの黄緑の線)の伸びに目が止まります。米国・日本が生産台数を増やせない中、中国は09年・10年にそれぞれ約450万台ほどの驚異的な伸びを記録し、世界最大の自動車生産国に躍り出ました。

米国を詳しく見てみると、2000年からリーマンショック前まで横ばいながらなんとか粘っていましたが、リーマンショックの影響が大きく出た2008・2009年は大きく生産台数が落ち込みました。しかしその後は、ドル安政策やシェール革命等による生産コストの削減の恩恵を受け、現在は約1200万台/年間のところまで回復しています。

日本に関しては、約1000万台/年間で推移し比較的安定していますが、アベノミクスによる円安効果で増産が期待された2013年以降も数字が伸びていません。販売台数が多い米国・中国での「現地生産主義」や「為替に左右されない体制」に基づく工場の海外移転が主原因だと思われます。

その他の国々も見てみると、多数のグローバル自動車メーカーを抱えるドイツは横ばい、海外生産好調な現代自動車を抱える韓国も横ばいです(現代自動車の生産台数推移はコチラ)。インドは、今のところ大きく数値が伸びていませんが、世界最大の人口や今後の経済の伸びしろを背景に、今後中国に匹敵する自動車生産大国になる可能性が高いです。メキシコに関しては、NAFTAや各国FTAを生かして多くの海外メーカーが工場を建設していましたが(多くは米国輸出向け)、今後はトランプ大統領の動向が気になるところです。



次に、主要7カ国の自動車生産台数を世界全体のそれと比べてみるとどう見えるのでしょうか。グラフを作成するにあたり、「世界ランキング統計局」の世界の自動車生産台数の推移(2000年 - 2011年)【国際自動車工業連合会】世界の自動車生産台数 国別ランキング(2012年)【国際自動車工業連合会】のデータを使用させて頂きました。これらの元データも、OICA(国際自動車工業連合会)のものなので、上のグラフとの整合性はとれています。2013年以降のデータは、GLOBAL NOTEのデータを使用しています。


世界全体の自動車生産台数

こちらのグラフを見ると、世界全体で自動車生産台数が着実に伸びていることが見て取れます。リーマンショックの影響で、2008・2009年は前年比で減少しましたが、2010年には2000年からの増加ペースに戻っています。また、上位3カ国(中国・アメリカ・日本)で世界全体の約52.1%(2016年の値)、主要7カ国で約71.5%(同)を占めており、自動車生産は大きな偏在があることが解ります。


トヨタ対VW(フォルクスワーゲン) 2020年の覇者をめざす最強企業
中西 孝樹
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 19,783

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


【2016年度】東京ディズニーランド&シー ・USJ の入場者数推移をグラフ化

東京ディズニーランド&東京ディズニーシーと、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の入場者数(入園者数)の推移をグラフ化し比較してみました。

東京ディズニーランド     東京ディズニーシー     USJ


以前、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の累計入場者数が1億人突破」というNEWSを耳にして(USJ来場者、1億人を突破 開業11年7カ月  日本経済新聞 2012/10/29 )、国内最大のテーマパークである東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の入場者数推移も気になりましたので調べてみました。データは、東京ディズニーランド・シーに関しては、両テーマパークを運営する「株式会社オリエンタルランド」のHP上で公開されている入園者数データを使用。USJに関しては、運営会社「株式会社ユー・エス・ジェイ」のHP上過去データが公開されていないため、各報道機関が報道・発表しているデータを基にグラフを作成しています。

※TDL・TDSでは「入園者数」、USJでは「入場者数」、また各報道機関によっては「来場者数」なとど呼称する場合がありますが、以後本サイトでは「入場者数」で統一させていただきます。


最終更新 2017/04/10

2016年度 入場者数
東京ディズニーランド・シー 3000万4000人
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ) 1460万人


まず、各テーマパークの入場者数を見てみます。


東京ディズニーランド・シー合算入場者数推移
※TDL:1983年(昭和58年) 4月15日開園
※TDS:2001年(平成13年) 9月4日開園
※1万人以下は四捨五入(以下同様)



USJ 入場者数推移
※USJ:2001年(平成13年) 3月31日開園



ディズニーランド・シー&USJ入場者数推移

東京ディズニーランド・シーのグラフを見ると、TDLが開園した当初は年間入場者数が約1000万人でしたが、その後着実に入場者数を増やしていき、TDS開園前の2000年度には1730万人となっています。その後TDSが開園したことで、入場者数が約1000万人ほど増加し、2000年代はTDL・TDS合計で年間2500万人前後で安定していましたが、2010年代前半から再度入場者数が増加し、近年は年間3000万人前後となっています。TDLとTDSは隣同士なので、2-3日かけて両方共じっくり楽しむというお客さんは多そうです。

ただコメント欄でご指摘いただいている通り、TDL・TDSではその立地特性上、一人の入場者数が1日のうちにTDLとTDSを往来することによる"入場者数のダブルカウント"が発生しますので、その辺りは考慮してデータを見る必要があります。

もう一方のUSJは、開園5年ぐらいは入場者のブレが激しかったのですが(園内販売の食品の賞味期限偽装や飲料水に工業用水が混ざったりといった問題がありました)、2006年度以降は800万人超で横ばい状態。しかし2009年度を底に持ち直し、2013年度は1050万となり開園以降で2番目の数値となりました。2014年度は、07月15日に約450億円かけて新設した「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が好調で過去最高の1270万人を記録。2015年度も積極的な投資&イベントで1390万人で2年連続で過去最高を更新、最新の2016年度は新型コースターの導入や15周年イベント等の影響で3年連続の過去最高更新となる1460万人を記録しました。


次に、各テーマパークの累計入場者数の推移を比較してみます。

TDL・TDS、USJの累計入場者数の推移


こちらのグラフを見ると、東京ディズニーランド・シーの歴史の長さ、そして圧倒的な集客力が見てとれます。USJの1億人突破もすごいと思いましたが、東京ディズニーランド・シーは既に6億人突破しています。ただ、当然ながらディズニーランド・シーの良さとUSJの良さはそれぞれ違いますので、ひとえに「入場者数の大小=施設の魅力・充実度」というわけではありません。


最後に、世界のテーマパークの入場者数がどれぐらいなのか確認してみましょう。
「東京・大阪 都心上空ヘリコプター遊覧飛行」さんの”2014年 世界のテーマパーク入場者数ランキング”の記事内に記載されている「テーマパーク別 2014年入場者数ランキング(元データ…米テーマ娯楽協会・AECOMテクノロジー)」を転写させていただきました。


ここから転写
-----------------------------------------------------

テーマパーク別2014年入場者数ランキング

01 マジックキングダム(ディズニー:米・オーラント)      19,332,000
02 東京ディズニーランド(日本)            17,300,000
03 ディズニーランド(米・アナハイム)            16,769,000
04 東京ディズニーシー(日本)             14,100,000
05 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(日本)       11,800,000
06 エプコット(ディズニー:米・オーラント)          11,454,000
07 ディズニー・アニマルキングダム(米・オーランド)    10,402,000
08 ディズニー・ハリウッド・スタジオ(米・オーランド)   10,312,000
09 ディズニーランド・パーク(フランス)        9,940,000
10 ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー(米・アナハイム)     8,769,000
11 ユニバーサル・スタジオ(米・オーランド)        8,263,000
12 アイランド・オブ・アドベンチャー(米・オーランド)   8,141,000
13 オーシャン・パーク(香港)             7,792,000
14 ロッテワールド(韓国)               7,606,000
15 香港ディズニーランド(香港)             7,500,000
16 エバーランド(韓国)                  7,381,000
17 ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド(米・ハリウッド)   6,824,000
18 杭州宋城(中国・杭州)                 5,810,000
19 ナガシマスパーランド(日本)              5,630,000
20 珠海長隆海洋王国(中国・珠海)             5,504,000


--参考(2013年のデータ)--

テーマパーク別2013年入場者数ランキング

01 マジックキングダム(ディズニー:米・オーラント)       18,588,000
02 東京ディズニーランド(日本)             17,214,000
03 ディズニーランド(米・アナハイム)             16,202,000
04 東京ディズニーシー(日本)              14,084,000
05 エプコット(ディズニー:米・オーラント)           11,229,000
06 ディズニーランド・パーク(フランス)          10,430,000
07 ディズニー・アニマルキングダム(米・オーランド)     10,198,000
08 ディズニー・ハリウッド・スタジオ(米・オーランド)     10,110,000
09 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(日本)        10,100,000
10 ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー(米・アナハイム)       8,514,000
11 アイランド・オブ・アドベンチャー(米・オーランド)      8,141,000
12 オーシャン・パーク(香港)               7,475,000
13 香港ディズニーランド(香港)               7,400,000
14 ロッテワールド(韓国)                7,400,000
15 エバーランド(韓国)                   7,303,000
16 ユニバーサル・スタジオ(米・オーランド)          7,062,000
17 ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド(米・ハリウッド)     6,148,000
18 ナガシマスパーランド(日本)                 5,840,000
19 シーワールド・フロリダ(米・オーランド)           5,090,000
20 ヨーロッパ・パーク(ドイツ)               4,900,000

ここまで転写
-----------------------------------------------------

※ソース基にも記述がありますが、USJの数値が数十万人単位で差違があります。集計方法の違いの為だと思われます。

世界のテーマパークと比較してみると、ディズニーランド・USJの生みの親であるアメリカ勢がやはりすごいですが、日本のTDL・TDS・USJも世界と比較しても相当な入場者数を誇っていることがわかります。有名どころがランキングしている中、ナガシマスパーランドもランキングしているのは驚きです!(2012年度も18位でした。)


ハリー・ポッター コンプリート セット (8枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-12-05)
売り上げランキング: 138

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


Index for HighCharts FreQuent
author imageAuthor:Lynx
データをグラフ化&推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願い致します。



最新記事