【国内・月別】 ホンダ 軽自動車販売台数比率 推移

最近、HONDA(ホンダ)の「軽」の調子がいいというニュースをよく耳にするので
ホンダの新車販売台数に占める軽自動車の割合の推移をグラフ化してみました


honda2.jpg     nbox.jpg     poio.jpg


ホンダが去年12月に発売したN-BOXが大ヒットしましたが、N-BOX効果でどれぐらいホンダの新車販売が軽にシフトしたのか気になったので、毎度おなじみの全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会のデータを使って調べてみました

※今回ここで使っている「軽自動車」は軽四輪車乗用車(一般にいう軽自動車)と軽四輪貨物車の合計値です。(全国軽自動車協会連合会のデータでいう軽四輪車のこと。ホンダの場合、軽四輪乗用車と軽四輪貨物車の割合は9:1ぐらい)



こちらがそのグラフになります↓↓

Highcharts Example
※N-BOXの発売日は2011年12月16日
※N-ONEの発売日は2012年11月1日

N-BOX発売以降、「軽自動車」の販売台数が増えている事が解ります

2012年度に入って販売台数は2.5万台あたり、軽自動車比率も40-50%で落ち着きましたが、
最近は普通乗用車・バス・トラックの販売台数が落ち込み、結果的に販売台数が落ちない軽自動車の比率が増し
2012年10月は新車販売台数に占める軽自動車の割合が54.4%にまで高まりました。

今年11月にはN-ONEも発売され、売れ行き好調のようなので
ホンダの新車販売の「軽シフト」はしばらく続きそうです。

関連記事
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


コメントの投稿

非公開コメント

Index for HighCharts FreQuent
author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事