【軽自動車】 ホンダ「N-ONE」 累計販売台数2万5000台突破!

ホンダが2012年11月に発売した軽自動車「N-ONE」の
累計販売台数が2万5000台を超えたというニュースがホンダからありました。

poio.jpg


以下がホンダの発表の抜粋です。

-----------------------------------------------------

2012年11月2日(金)に発売した新型軽乗用車「N-ONE」の発売後約1ヵ月での累計受注台数は、
2012年12月5日(水)現在で、月間販売計画の約2.5倍となる2万5,000台を超える好調な立ち上がり
となりました(月間販売計画:1万台)。

■購入ポイント
・軽乗用車のジャンルを超える上質なエクステリアとインテリアデザイン
・1.3Lクラス並みの走りとクラストップレベル※の優れた燃費性能の両立
・軽自動車として初となるESS(エマージェンシーストップシグナル)の採用など高い安全性能
・個性をより際立たせるカラーバリエーション

※ 軽ハイトワゴンクラス(2012年11月現在 Honda調べ)


■タイプ別構成比
N-ONE    N-ONE Premium
53%     47%

■購入層
・50代以上の子離れ層や20代の独身層を中心とした幅広い年代

■カラー構成比
【N-ONE】                 【N-ONE Premium】
・プレミアムホワイト・パール 31%      ・2トーンカラースタイル<ミラノレッド&ブラック 18%
・ミラノレッド 13%             ・プレミアムホワイト・パール 17%
・アラバスターシルバー・メタリック 12%   ・プレミアムディープロッソ・パール 12%


-----------------------------------------------------


やはり私の見立ては間違っていなかったですね(`・ω・´)
若い人に人気かと思いきや50代以上の子離れ層にも人気の様です。
カラーバリエーションも、普通のN-ONEで8色、N-ONE Premiumも8色用意しておりGOODです。

ただ、気が掛かりのなのが小型乗用車フィットの販売台数が落ち込んでいる事です。
2012年11月のフィットの販売台数は9320台で前年比56.8%の水準まで減りました。
これは小型車の需要を軽が食ってしまっている形ですね。

ただ、ホンダの軽自動車は他社と比べ値段を高めに設定しており、
部品共通化や生産ラインの効率化等でコスト削減も十分しているので、
会社としての利幅はフィットよりも逆にN-ONE、N-BOXの方が高いと聞きます。

今後N-ONEの受注台数がどれぐらい積み上がるか楽しみです( ^ω^)

関連記事
  
このエントリーをはてなブックマークに追加


■よく読まれている人気記事


コメントの投稿

非公開コメント

Index for HighCharts FreQuent
author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事