【国内】 Wii U 週間販売台数 累計販売台数 推移

更新 2013年1月14日

2012年12月8日に発売された任天堂の新型据え置きゲーム機「Wii U」の
週間販売台数と累計販売台数の推移をグラフ化しました。


wiiu2.jpg wiiu.jpg

スマホ・タブレットの登場で誰もが無料で手軽にゲームができるようになって久しいですが、任天堂が新型の「据え置き機」を発売しました。ゲームパッドの導入で据え置き型と携帯型の融合を図り、これまでとは一味違ったゲームが楽しめる他、今回はWiiUでゲームをするだけでなくソーシャルなつながりを持たせることにも重点を置いているようなので、今後WiiUをどのように展開にさせていくのかにも期待です。

それでは、週間販売台数と累計販売台数の推移のグラフを見てみましょう。
6年前のほぼ同時期に発売されたWiiの販売台数と比較してみていきます。データはメディアクリエイトさんの数字です。



Highcharts Example
※Wiiの日本での発売は2012年12月2日
※WiiUの日本での発売は2012年12月8日

WiiU 販売台数Wii 販売台数
初週30万8142台35万0358台
2週目 12万6916台8万5439台
3週目12万2843台10万8237台
4週目6万9386台27万9277台
5週目6万7083台9万6332台
クリスマス商戦の都合から主要国では最後に日本で発売となったWiiUですが、Wiiと比較しても出だしはまずまずと言えるのではないでしょうか。販売初週は30万台超え(2日間だけの数字、Wiiも同様)、その後2週も共に12万台を販売しています。ただ、販売4、5週目ではWiiUは失速気味です。WiiとWiiUでは発売時期が1週間違うので時期的な要因もありますが、今回は目新しさという点で若干見劣りしている感が否めません。今回、WiiUのローンチタイトルは11タイトルで、Wii発売時の16タイトルには及びませんがなかなか気合いの入った数値です。12月中に他に4つのソフトが発売予定という事です(詳しくはこちら)。

ただやはり気になるのが正月後の動向。任天堂は2012年度末までに全世界で550万台の販売を計画していますが、それを達成するには継続的に売れ続ける必要があります。ですが、正月後には目立ったソフトの発売が予定されていないのと、アップデートが~という話がをよく聞くのでこの辺りをしっかりと対応していけば(新規ソフト発売に関しては今からだとどうしようもありませんが…)、550万台は達成できるかもしれません。任天堂さん、頑張ってください!!

関連記事
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事


コメントの投稿

非公開コメント


author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事