【設定方法】 Chrome拡張機能「その本、図書館にあります。」を実際に設定してみた!

Amazonで販売している書籍が、近くの図書館に置いているのか直ぐにわかる「その本、図書館にあります。」というGoogleChromeの無料の拡張機能がねとらぼさんで紹介されていて気になったので、実際に設定してみました。
下の画像のように、Amazonの本の検索ページで図書館でその本が借りられるかどうか表示されます。


ama8.jpg


まず、GoogleChromeを使って「その本、図書館にあります。」のChromeウェブストアに飛んでください。今回紹介するものは、GoogleChromeの拡張機能なのでChrome以外のブラウザでは使えません。Chromeをまだダウンロード&インストールしてない方はGoogleChromeで、まずはChromeをダウンロード&インストールする必要が有ります。


ama1.jpg

赤丸で表示している所をクリックすると「その本、図書館にあります。」がChromeにインストールされます。

次に、自分が住んでいるところの最寄図書館を設定します。
Chromeの右上端にある設定ボタンの「設定(S)」を押します。

ama2.jpg


設定画面の左上端にある「拡張機能」をクリックします。

ama3.jpg


すると、Chromeにインストールされている拡張機能の一覧が表示されるので、先ほどインストールした「その本、図書館にあります。」の下の方にある「オプション」をクリックします。

ama4.jpg


あとは利用したい図書館を設定して(表示までに若干時間が掛かりますが、その辺は御愛嬌で)、右端に表示されている「設定する」ボタンを押せばOKです。

ama5.jpg

これで初期設定は完了です。
あとは、Amazonでお目当ての本のページにいくと赤線枠で表示しているように、設定した図書館で本が借りられるかどうかを自動的に表示してくれます。これは本当に便利!!

ama6.jpg


また、設定した図書館と同じ区市町村の他の図書館が蔵書していると、その貸出状況も出るので設定した図書館で本を置いていない場合や貸し出し中でも他の図書館から取り寄せてもらうということも可能です。

開発者のkanakogiさん(kanakogiさんブログ)には感謝ですね。


関連記事
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


コメントの投稿

非公開コメント

Index for HighCharts FreQuent
author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事