【グラフ】 ミニストップ 国内店舗数の推移をグラフ化

コンビニ3強(セブン・ローソン・ファミマ)とは一味違うスタイルで定評のある
ミニストップの国内店舗数の推移をグラフ化しました。


ミニストップロゴ    ミニストップロゴ

コンビニ激戦区の日本で、"飲食スペース(イートインスペース)があるコンビニ" で差別化してきたミニストップですが、その店舗数の推移はどんな感じなのでしょうか。最近は他のコンビニもイートインスペースを設けた店舗を出してきているのでその動向が気になりますね。データはミニストップHPの沿革IR情報に掲載されているものを使用させて頂きました。ただ、店舗数が節目になった時のデータしかないためグラフが大雑把になっています。

過去にはコンビニ3強の店舗数の推移も記事にしてますので気になる方はどうぞ↓

セブンイレブン店舗数推移
ローソン店舗数推移
ファミリーマート店舗数推移


それではミニストップの国内店舗数の推移のグラフを見てみましょう。

ミニストップ国内店舗数推移
1980年7月 第1号店「大倉山店」を横浜市に開店
1985年5月 国内100店舗
1994年2月 国内500店舗
1998年3月 国内1000店舗
2004年2月 国内1500店舗
2009年12月 国内2000店舗
2011,2012年の数値は各年度2月末の数値です。

グラフを見ると、着実に店舗数を増やしている事が見てとれます。特に1995年以降は店舗数の拡大速度が増しているようです。ミニストップの軽食は普通においしいですし、イオンという巨大流通グループがバックにいるので(ジャスコ(現:イオン)が100%出資して設立)、その資金力と最近流行りのPB(プライベートブランド)を武器に今後も出店数を増やしていきそうな感はありますよね。


ちなみにミニストップの海外での店舗数はどうなっているのかというと、ミニストップは韓国で多くの店舗を出しており、2013年04月末の数値で1899店舗になっています(下記画像参考)。その次のフィリピンでも345店舗と、特定の地域に一度に出店するドミナント戦略を国内だけでなく海外でも実践しているようです。

ミニストップ海外店舗数

出典:ミニストップHP(2013/06/09キャプチャー画像)
れこっずはコンビニとドラッグストアを融合させたような店舗です。

5万店もあるんだからコンビニで起業しなさい
三橋 一公
商業界
売り上げランキング: 144,912

関連記事
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事


コメントの投稿

非公開コメント


author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事