【2016年】 デイズ・ekワゴンの国内新車販売台数の推移をグラフ化(2013年06月~)

日産と三菱自動車の合弁会社NMKV(Nissan Mitsubishi Kei Vehicle)が企画・開発した軽自動車「DAYZ(デイズ)」「ekワゴン(イーケーワゴン 3代目)」の国内新車販売台数の推移をグラフ化しました。

Days1.jpg ek3.jpg

以前から人気の高かった軽自動車ですが、ホンダ「Nシリーズ」の発売以降、軽自動車業界に新たな風が吹きこまれ各社の販売競争が一段と激しくなってきました。そのような中で、日産自動車と三菱自動車工業が、軽自動車の設計・開発を手がける合弁会社NMKVを折半で設立し、2013年6月6日に日産では「デイズ(DAYZ)」、三菱では「ekワゴン(3代目)」として売り出しました。2つの車はフロントのデザインこそ違いますが、それ以外は同じものになっています。デイズ・ekワゴン共に燃費や車内のインターフェイスに力を入れているようです。

ここでは、そのデイズとekワゴンの国内新車販売台数を「三菱 ekワゴンを買う!」「日産 デイズを買う!」のデータを使用させて頂き、グラフを作成しています。また比較のために、同型のホンダの人気車種「N-WGN(エヌワゴン)」の数値も入れてありますが、こちらは全国軽自動車協会連合会が公表している「軽四輪車通称名別新車販売確報」のデータを使用させて頂きました。


最終更新 2016/04/21
三菱自動車工業の燃費偽装報道を受け、一部データが欠けていますが更新しました。



デイズ・ekワゴン・N-WGN新車販売推移
※デイズ・ekワゴン(3代目)の発売日は共に2013年6月6日。N BOXは2013年11月20日発売
※N-WGNの販売台数には「N-WGN Custom」等のN-WGNシリーズ合計の数値です。
※データ上、デイズは2013年4月に10台、5月に5台それぞれ販売していますが、その内訳(どこかに先行販売?)はよくわからず、数も少ない為ここでは省略しています。

グラフを見ての通り、デイズ・ekワゴンはN-WGNと比べると販売台数が少ないことがわかります。
個人的には、デイズ・ekワゴンには"個性"が少し足りないのかなと思います。同じような装備・燃費・外観の軽自動車が多い中で「デイズ・ekワゴン」を選んで買ってもらうためにはもう少し特徴的な特性が欲しいですね。ただ、両車ともしっかりとまとまった車であることは間違いないので、N-WGNには届かないでしょうが今後も安定して販売台数が見込めそうです。

またNMKVでは、より大きな車内空間を実現したスーパーハイトワゴンタイプ(キャプワゴンタイプ)の車両を「デイズルークス」「ekスペース」として2014年02月13日から発売しています。このタイプでは、大先輩の「N-BOX」がいますのでN-BOXとどれぐらい張り合えるか楽しみです。コチラも今後記事で紹介できたらと考えています。

追記:2016年04月19日に三菱自動車工業が軽自動車の燃費を良く見せる不正を行っていたという報道がありました。会社側も事実を認めているようなので、今後販売並び製造に大きな影響を及ぼしそうです。VWの排ガス不正報道の記憶が新しいですが、日本の自動車メーカーでもこのような不正があった事は少し悲しいです。


日産自動車「デイズ(DAYZ)」の公式サイトはこちら
三菱自動車工業の「ekワゴン(3代目)」の公式サイトはこちら


■参考:ホンダ「Nシリーズ」の国内新車販売台数推移(詳細はコチラ)

N-BOX・N-ONE・N-WGN新車販売推移
※2011/11/30 N-BOX発売。2011/11/01 N-ONE発売。2013/11/20 N-WGN発売
※ソース基では、2011年10月のN-ONE販売台数が13台とありますが(N-ONE発売前)、ここでは省略しています。各数値には、「N-BOX +」等の派生車種の販売台数も含まれています。


アップル、グーグルが自動車産業を乗っとる日
桃田 健史
洋泉社
売り上げランキング: 16,520

関連記事
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


コメントの投稿

非公開コメント

Index for HighCharts FreQuent
author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事