【販売好調】 インプレッサ 国内新車販売台数の推移をグラフ化

日本と北米で人気の高いスバル(富士重工業)の人気車種であるインプレッサ(IMPREZA)の
国内での年間新車販売台数の推移をグラフ化しました。

inpuressa.jpg
レガシィと並びスバルのコアブランドであるインプレッサですが、以前書いた記事「レガシィの国内販売台数の推移」で、レガシィの国内販売が低調だとわかったので、インプレッサの方はどうなのか気になりましたので調べてみました。
データは、スバル インプレッサを買う!に掲載されている「新車販売台数推移」を使用させて頂きました。こちらのサイトではインプレッサの歴史から安く買う方法等、有益な情報が色々と載っているのでインプレッサの購入を考えている方には一度目を通しておくべきだと思います。


最終更新 2014/05/08
2013年度のデータを追加&記事の加筆を行いました



では、インプレッサの国内新車販売台数の推移を見てみましょう!

Highcharts Example

※インプレッサには"インプレッサWRX ST"や"インプレッサXV"など数多くの兄弟種がありますが、今回の販売台数はその合計値になります。ただし"インプレッサ アネシス(2008年10月発売、2011年11月販売終了)"は、数値が入っていたり入っていなかったりするので注意してください。詳細はソース元で確認してください。

グラフのように、新車販売は横ばいか減少傾向がありましたが、2012年に大きく増大し2013年もそれ以上のセールスを記録しました。これは根強いスバルファンに加えて、自動衝突防止装置 (アイサイト)の主導的&積極な導入や「WRX STI」や「XV・XVハイブリット」といった多種多様なモデル展開で一般ユーザーにも効果的に売り込みが出来たからではないでしょうか。2014年も増税前の駆け込み需要も手伝って1-3月で2万台以上既に販売しているので、通年では6万台を超えてくるかもしれませんね。


おまけ
■スバルの世界での新車販売台数の推移

subaru20140508.jpg

参考までにスバルの地域別の新車販売台数の推移を表したものを載せておきます
出典 スバルHP セグメント・地域別データ:地域別販売状況(2014/05/08現在)

これを見ると、日本市場が伸び悩んでいることと米国市場のウエイトがとても高いことが見て取れます。以前テレビ番組でスバルの社長(だと思います)が、「ちゃんとした価格(しっかりと利益が取れる価格)で売れるところでしか販売しない」という旨の発言をしていたのを思い出しました。


■スバルは国内生産重視の会社!

また、スバルはマツダと並んで国内生産を重視している会社です(参考:【国内・年別】スズキ・ダイハツ・マツダ・富士重工 新車販売台数&生産台数 推移)上記のように世界全体での新車販売台数が72万4千台余りの中、65万台近くを国内で生産し50万台弱を輸出しています。これはトヨタ・ホンダ・日産では考えられない比率です。ありがとうスバル!


subaru3.jpg

※2013年度のデータです。(スバルHP 月次生産・国内販売・輸出実績より引用)


関連記事
  
このエントリーをはてなブックマークに追加


■よく読まれている人気記事


コメントの投稿

非公開コメント

Index for HighCharts FreQuent
author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事