【2015年】ハウステンボス 入場者数の推移をグラフ化(2005年~)

九州・長崎県佐世保市に位置し、国内有数のテーマパークの一つであるハウステンボスの入場者数の推移をグラフ化しました。

huistenbosch.jpg
画像=ハウステンボスHPより


なにかと名前を聞く事の多いテーマパークのハウステンボスですが、入場者数はどのように推移してきたのでしょうか。一時は経営危機で騒がれましたが、その後どうなったのでしょうか…。気になりますね。データはハウステンボスのHPの企業情報内のプレスリリースに記載してあります決算資料を使用させて頂きました。


■ハウステンボスとは
ハウステンボスは1992年03月25日開園。略称は「HTB・テンボス」で、オランダの街並みを再現したテーマパークです。ハウステンボスはオランダ語で「森の家」を意味する言葉です。


最終更新 2016/04/12
2014年10月~2015年09月(26期)と来期(27期)見通しのデータを追加。ディズニーランド・USJのデータも更新。



では、早速入場者数の推移を見てみましょう。データは2005年04月からになります


ハウステンボス入場者数推移
※2005年04月~2006年03月までが05年度。09年度まで同様。
※2010年10月から決算期変更(3月期→9月期)。それに伴い10年度は半期(2010年04月~09月)の数値。
※2010年10月~2011年09月までを22期と呼称(ニュースリリースに記載)。以後同様に23期・24期…と呼称。
※10年度半期以降の数値は1万人以下切り捨て。それ以前の数値はソース基に記載がない為不明。


グラフを見ると、下降減少だった入場者数が決算期を変更した2010年あたりを境に上向いている事が見てとれます。ハウステンボスは、2003年2月26日に会社更生法の適用を申請し2004年04月24日にリニューアルオープンしましたが、その後も入場者数が低迷していましたが、2010年に旅行代理店大手のH.I.Sによる支援によって、業績・入場者数共に伸びてきています。最新の決算データはコチラから見られます。


■参考
国内で圧倒的な人気を誇る東京ディズニーシランド・シー(TDL・TDS)とユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の入場者数推移を参考のため掲載します。どちらもハウステンボスとは趣の異なるテーマパークではありますが、集客という面では見習う所が多々ありそうです。


ディズニーランド・シー入場者数推移
※TDLは1983年(昭和58年)4月15日開園、TDSは2001年(平成13年)9月4日開園
※立地特性上、一人の入場者が1日のうちにTDLとTDSを往来する事によるダブルカウントも含まれます
※1万人以下は四捨五入(以下同様)


USJ入場者数推移
※USJは2001年3月31日開園


国内で圧倒的な売上げ・入場者数を誇る東京ディズニーランド・ディズニーシーと、ハリーポッターアトラクション開業でディズニー追撃を狙うUSJの入場者数の推移の詳細は"東京ディズニーランド・シー & USJ の入場者数の推移をグラフ化&比較(1983年~)"の記事で詳しく紹介しています。


るるぶ長崎 ハウステンボス 佐世保 雲仙'15 (国内シリーズ)

ジェイティビィパブリッシング (2014-06-12)
売り上げランキング: 24,582


関連記事
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


コメントの投稿

非公開コメント

Index for HighCharts FreQuent
author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事