【排ガス不正】VW・アウディ・ポルシェの米国新車販売台数の推移をグラフ化

排ガス不正プログラムで揺れるVWグループ。その中核をなすフォルクスワーゲン(VW)、アウディ(Audi)、そしてポルシェ(Porsche)の米国での新車販売台数の推移をグラフ化しました。

フォルクス・ワーゲン     アウディ     ポルシェ

各報道にあるように、VWグループがディーゼルエンジンを積んだ自動車に不正プログラムを組み込み、排ガス規制を不正に逃れていました。その背景の一つとして、他の地域と比べ販売が少なかったアメリカ合衆国でのシェア拡大があったようですが、そもそもVWは米国でどれほどの新車販売の実績があったのでしょうか。

他のサイトさんでは年別の新車販売台数がよく出ていますが、月別の数値がマークラインズ株式会社自動車販売台数速報 米国 2015年並びに自動車販売台数速報 米国 2016年に記載されていますので、今回はこれらのデータを使用させて頂き、VW・アウディ・ポルシェの米国での新車販売台数の推移をグラフ化しました。


最終更新 2016/06/18
2016年05月までのデータを更新。記事内容も大幅書き換えました。



フォルクスワーゲン・アウディ・ポルシェ 米国新車販売台数推移
※数値は乗用車と小型トラックの合計値

フォルクスワーゲン・アウディ・ポルシェ 米国新車販売台数推移
※数値は乗用車と小型トラックの合計値


排ガス不正問題が報道されたのが9月の下旬頃でしたので、その影響が大きく出るのではないかと思われた10月ですが、VW+0.2%(前年同月比)、Audi+16.8%(同)、Porsche+11.0%(同)という結果になりました。米国全体での新車販売台数が前年同月比+13.6%ですので、それを考慮するとVWに関しては苦戦していると言えそうですが、大きな減少には至っていません。ただ、その翌月の11月はVW-24.7%(同)、Audi+0.4%、Porsche-5.3%とVWブランドで大きな減少を記録しました。



年別だと以下のようなグラフになります。

フォルクスワーゲン・アウディ・ポルシェ 米国新車販売台数推移
※数値は乗用車と小型トラックの合計値

コチラのグラフを見ると、もともとVWブランドのセールスは減少傾向にあることがわかりますので、排ガス不正プログラム問題の影響がどれほどあったかはよくわかりません。ただ報道は2015年9月下旬ですので、2016年にどこまで影響してくるかどうかが気になる所です。今回の窒素酸化物に加えて、二酸化炭素排出量に関しても不正行為があったとの報道(詳細はコチラ)があり、これに関してはガソリン車も関係しているとのことですので、VWグループの今後はまだ予断を許さない状況になっています。


---- 参考 2012年~2015年09月 主要8社の米国新車販売台数推移 ----

米国ではGM・フォード・FCA(クライスラー)のアメリカ勢と、トヨタ・ホンダ・日産・スバルの日本勢、そして現代自動車と起亜自動車の韓国勢が主要プレイヤーとなっていますので、ここでは起亜自動車以外の米国新車販売台数を掲載します。詳細は【主要8社】米国の新車販売台数推移をグラフ化(2015年)をご覧ください。


主要8メーカー 米国新車販売台数推移
※数値は乗用車と小型トラックの合計値


ディーゼルエンジンの徹底研究

グランプリ出版
売り上げランキング: 22,496
関連記事
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りサイト

■よく読まれている人気記事


コメントの投稿

非公開コメント

Index for HighCharts FreQuent
author imageAuthor:Lynx
データをグラフ化&推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願い致します。



最新記事