【スマホ戦争】 国内におけるメーカー別スマートフォン出荷台数の推移をグラフ化

IT機器の中核で生活に欠かせないデバイスとなったスマートフォンの国内出荷台数の推移を年度別・メーカー別にまとめてグラフ化しました

iPhone5S   Xperia Z1f SO-02F   AQUOS PHONE ZETA SH-01F

今回は、MM総研が定期的に発表しているニュースリリースのデータをもとにメーカー別の国内スマホ出荷台数の推移をグラフ化しています。データの都合上グラフの所々が抜けていますので、あくまで参考程度に見て頂けたらと思います。

Highcharts Example
※ソニーモバイルはソニー・エリクソン時代のものも含みます。
※2008年度は各メーカーの出荷台数がわからないので「データなし」としています
※2009年度のシャープの出荷台数はデータが手に入らなかったので0としています
※2010年度の富士通の出荷台数はデータが手に入らなかったので0としています

グラフを見ると、やはりAppleのiPhoneの人気の高さが見て取れます。2012年頃から国内勢もそれなりのものを作って出荷台数を伸ばしてきましたが、今現在世界で戦えるのはソニーモバイル(ソニー)のブランド「Xperia」だけです。日本企業は世界生産市場が「数千万台」の商品ではある存在感を示せるが、「数億台」の市場規模の商品になると勝てないと言われています。スマホも既に数億台の市場になったのでこのままでは埋もれていくばかりです…。スマホに使われる部材・部品では日本製の物がよく使われているようですが、やはり完成品としての日本ブランドのスマホにも頑張ってほしいところです。

※注意 MM総研ではスマートフォンを以下のように定義しています。

----------------------以下引用-------------------------

【スマートフォンの定義】以下を条件としてMM総研による分類(2013年5月現在)
①以下OSを搭載 (Android、iOS、Windows、BlackBerry OS) ※今後は新たなOS登場も想定
②音声通話が可能 (画面6インチ以上でヘッドセット利用を想定した端末は含まない)
③アプリやソフトウェア等のカスタマイズが可能
④OS環境として(アプリ)開発仕様が公開されていること
⑤キャリア及びメーカーがスマートフォンと位置づけている製品
※今後の端末投入状況に応じて変更する可能性があります

----------------------引用終了-------------------------

・国内携帯電話端末出荷台数推移(1999年度~ スマホも含む)はこちらから
関連記事
  
このエントリーをはてなブックマークに追加


■よく読まれている人気記事


コメントの投稿

非公開コメント

Index for HighCharts FreQuent
author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事