【年別】 F1 マクラーレンの年間順位 推移 

F1の老舗コンストラクターで「シルバーアロー」の二つの名を持つ
マクラーレンの年間順位の推移をグラフ化しました



更新 12/12

2012年シーズン
ウイリアムズ 8位
フェラーリ 2位
マクラーレン3位


個人的に応援しているマクラーレンですが、
これまでの成績の推移はよく知らなかったので、私もこれを機に勉強しようと思います!

過去のマクラーレンといえば、
ライコネン・クルサード時代はマシンはそんなに競争力がありませんでしたが
ドライバー的には調和取れてて良かったなぁ…と少し嘆いてみたり、、、


Highcharts Example
※2007年はコンストラクター選手権を除外されています。

1966年にチームが発足して、1974年に一度タイトルを獲得していますが
その後数シーズン低迷…しかし、1980年以降は常に5位以上となっており
フェラーリ同様安定した成績を残していることがグラフからよくわかります。

そして、特筆すべきは1980年後半~1990年前半のホンダエンジンを積んだ時の4連覇でしょう。
ホンダエンジンはその後ウイリアムズに積まれ、ウイリアムズのタイトル獲得にも大いに貢献しました。
ホンダエンジンがF1界で一目置かれているのも納得です^^;

2007年には「スパイゲート事件」でコンストラクター選手権除外という事件がありました。
この年はルーキーだったハミルトンと新王者アロンソのコンビで
その不仲がたびたび取り上げられており、チームにとっては多々あった年でした…
マシンは速かったので、両者ともドライバーズタイトルを争っていましたが
結局最後の最後で大逆転でライコネンにドライバーズタイトルを持って行かれましたよね…
まさしく歴史的大逆転、マクラーレンに取ってすれば歴史的敗北でしょう。
相手はフェラーリですし…



F1老舗3兄弟のフェラーリ・ウイリアムズとの比較グラフは以下の様になっています↓↓

Highcharts Example
※1966年 マクラーレン参戦開始
※1975年 ウイリアムズ参戦開始


やはりF1の顔はこの3チームですね
この3チームに割り込んでくるチームはあるんでしょうか…
レットブル?メルセデス?はたまたホンダ…??

2012年のマクラーレンはコンペティティブなマシンがあり、
何度もGP優勝したにもかかわらず両タイトルとも獲得することができませんでした。
ハミルトンの速いけど脆いドライビング&バトンの中盤の失速が原因ですね。
来年は、ハミルトンがメルセデスGPに移籍という事でとても淋しいです。
早くライコネンと共にマクラーレンにカムバックしてきて欲しいですね(`・ω・´)

関連記事
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)
竹内一正
朝日新聞出版
売り上げランキング: 9,596

■よく読まれている人気記事


コメントの投稿

非公開コメント


author imageAuthor:Lynx
各データの推移を見守り中。
御連絡はこちらまでお願いします。



最新記事